「矢野ゆたか」は、日本で二番目に小さな「狛江市」の市長を16年務めました。

actual1

第1期 第2期 第3期

矢野ゆたか市長の実績(1期)

市長就任以降の矢野ゆたかの実績をまとめています(は公約)


1997年

訪問看護ステーションの開設
在宅支援サービスを12月から開始
2棟目の高齢者専用住宅建設費助成
早期療育訓練事業
給食、送迎サービス
ホームヘルプサービス事業
乳幼児の医療費助成制度
未認可保育室への補助を3千円増額
クーラーの配置
中学校修学旅行費補助
催事、装飾街路灯整備への補助
和泉多摩川商店街振興組合に対し、カラー舗装、アーチ、シンボル灯の設置
有機栽培への補助増額
耐震性貯水槽を増設
学校に井戸を2か所新設
地区消防隊の整備も逐次強化
分別収集を徹底
生ごみ処理器の貸し出し
環境基本条例を制定
狛江駅前の緑地保全地区の整備
仮称小足立緑地公園を整備
住宅改造費補助事業
地域ふれあい事業を創設
教育相談員を増員
五小、二中で、大規模改修と合わせた2年計画で補強工事
管理諸室の冷暖房化
一部の特別教室の冷暖房化
荒井家住宅主屋の復元
商業者の後継者育成
時限立法とした景気対策事業特別支援資金貸付を新年度も継続
花卉栽培事業の実施、後継者育成
野川地域センターの建て替え
多摩川の花火大会を復活
市道33・34号線の整備
都市計画マスタープラン


1998年

道路占用料の改定
第2の高齢者専用住宅「シルバーピアのがわ」の入居開始
ホームヘルプサービスの週2回枠緩和と早朝・準夜間への対応
乳幼児医療費の助成
司書資格を持つ専任の図書館援助員を3か年計画で配置
クラブ活動での外部指導員配置を増やす
学校の非常用井戸設置
災害対策用飲料水の製造装置購入
消防団員に対し、出動手当を増額
歩車道の段差縮小に努力
国が一部カットしたシルバー人材センターの運営費を、新年度は市費で100%肩代わり
社会福祉協議会が行っている笑顔サービス事業に対する補助削減について、市で一部負担商工会青年部を創設するための助成金
ダイオキシンに対する調査


1999年

有機栽培普及補助金の増額
乳幼児医療費助成
猪方前原学童保育所を開設
学童保育所の入所時間を5時45分まで延長
高齢者配食サービス
高齢者専用住宅の第3棟目の建設のための設計費計上
学校図書事務援助員の年次計画に沿った配置
第三小学校の耐震診断の実施
家庭用生ごみ処理機購入への補助制度新設
リサイクルボックスの増設
多摩川五本松の保全
公有地・民有地の緑化推進
猪方前原樹林地の開設
多摩川河川敷の一部を占有し自由ひろばとして管理・活用
狛江駅北口の弁財天池緑地保全地区の整備
前原近隣公園の用地買い戻しと一部開園
防火貯水槽や非常用井戸を順次設置
5%のプレミアムをつけた商品券1億円分の発行
地元野菜を学校給食に取り入れた
健康増進トレーニング事業を充実
高齢者年の記念事業実施
早期療育訓練事業
臨床心理士の配置
狛江の教育21研究推進奨励校制度
ふれあい実践校の拡大
パーソナルコンピューターの新機種を中学校に一斉配備
学校給食室等既存施設の改修
荒井家主屋復元を事業化
夏季休業期間中の学校プール利用を社会教育の一環として実施
自主防災カルテ作成
上村中地区緑住区画整理


2000年

11年度に在宅介護支援センターを基幹型1か所、地域型を2か所増設し、訪問看護ステーションを1か所増やす
社会福祉法人による西野川での特養老人ホーム建設を支援
高齢者給食サービスの拡大
3棟目の高齢者専用住宅シルバーピアいずみの建設費補助
ヘルパーの人材確保のために、これまで社会福祉協議会で実施していた養成講習事業を、正吉福祉会、シルバー人材センターに拡大
乳幼児医療費の助成拡大
未認可保育室に保護者負担の軽減助成
上和泉学童保育所の分室開設
公立保育所で特例保育を実施
中学校でのミルク給食の準備
第一中学校校舎の耐震補強と大規模改造で3億2千万円余りを計上
学校図書事務職員の全校配置
小学校6年生の移動教室費用の保護者負担軽減の拡大
装飾街路灯工事への助成
国の「水辺の楽校」事業を多摩川で実施
多摩川自由広場、猪方前原樹林地などの管理経費や岩戸川緑地、弁財天池緑地保存地区の整備費を計上
防災対策用井戸、防火貯水槽の設置や仮設用トイレの購入
情報公開条例の制定
前原公園の住民参加による管理
最終年度となっている都市計画マスタープランの策定
古民家復元事業
学校の適正規模化
狛江駅北口の通称三角地の暫定活用
市民参加や市民と行政との協働を進める
狛江市のホームページの10月開設
低所得者対策として、老齢福祉年金受給者を対象に保険料と利用料の全額を助成
新規のホームヘルプサービス利用者は対象とならないため、これも市費により整合性を図る
調布市内、三鷹市内の老人保健施設で各5床ずつのベッド確保
生活支援ヘルパー、生きがい対応型デイサービス、痴呆性の徘徊高齢者探索サービス、寝具の洗濯乾燥消毒サービス
敬老金支給の継続
早期療育訓練事業の拡充
身体障害者の訪問入浴サービス
知的障害者(児)のショートステイ事業の創設
小学校にパソコンを年次計画で配備
工業振興計画の策定
消費者動向の調査
防災用ハンドブックの作成・配布
消防団関係として指揮車の更新
消防団第8分団器具置場の建設
市役所や学校施設、図書館など市民利用施設でのOA化、ネットワーク化を推進
女性行動計画の改定

第1期 1997年 1998年 1999年 2000年



第1期 第2期 第3期

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional