「矢野ゆたか」は、日本で二番目に小さな「狛江市」の市長を16年務めました。

omake

内緒の話

周囲の方々のお話や取材メモからピックアップした、本人に内緒の頁です。




画像の説明
「顔をあと3mm短くして」との本人の要望は、周囲からあえなく却下…
どなたか書いてあげてくださいませんか?

矢野ゆたかの内緒
身長:172cm
体重:推定70kg(日々更新中?)
BWHは不明(全部同じかも)

メディアの中の矢野ゆたか

記事


共産党の市長誕生で、矢野さんはTVや新聞の取材攻勢にあった。
中でも矢野さんらしい取り上げられ方が自転車通勤だ。


狛江は平坦なので、自転車が便利だけれど、市長がママチャリ通勤しているのは珍しい。
市長になりたての頃、雨の日は傘をさして自転車で通っていると議会で答弁したら、「市長が道路交通法に違反して、いいのか」と突き上げられたらしい。
それでも、矢野さんはチャリンコ通勤を続けている。


左はNewsweekとプレイボーイの記事。

矢野ゆたかの女性ファン

女性に囲まれて


矢野さんには女性ファンがとても多い。
公募で市長候補を選ぼうという市民運動が起こった時も多くの女性達が、矢野さんを応援した。
市長になってからは、とかく保守的なおばあちゃんたちからの支援者も増えた。
矢野さんの義母にあたる奥さまのお母さまからのメッセージには、矢野さんへの暖かい愛情が溢れている。
でも、ゴシップになるような女性が見あたらなかったのはちょっぴり残念。


むこ殿

 年寄りから幼児まであらゆる年齢層とよく話し、些細な事にも耳を傾け考える若者。それがむこ殿で、さすがは、我が娘の選んだ彼だと、誇らしく仕合わせを感じています。
主人とはむずかしい事を夜通し語り合い、娘とは夫婦というより仲間の一人として、お芝居の話に花を咲かしている不思議な青年がむこ殿。
あの柔軟な彼のどこから、あの鉄のような信念が生まれるのでしょう。何年も前から議員活動のたまの休みも返上、「赤旗」配達・宣伝・青年活動に余念がありません。
せっかく良い職場に恵まれ、平穏無事に暮らせるはずなのに、むすかしい政治の世界に四年前飛び込んだむこ殿には、それなりの強い決心があってのことだったのでしょう。
 これからも若いエネルギーを、住みよい町づくりのために、もっと発揮させたいものと、まるきり政治にうとい私にも感じられる今日このごろです。

岡村テル  1981年発行:私の活動報告(2)より

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional